以外と重要!ウェディングドレスのネック・ショルダーデザイン

ぽっちゃりさんにお勧め「ビスチェ」

ウェディングドレスを選ぶ際、どうしてもドレス全体のシルエットで選んでしまいますよね。確かに体型にあるシルエットのデザインはありますが、以外と見た目の印象を左右するのが、ネック・ショルダーのデザインなんですよ。例えば、ぽっちゃり体型が悩み・・という方はビスチェタイプがおすすめです。ビスチェタイプは肩ひもや首ひもの無い、シンプルなデザインなのが特徴です。余計に太って見えるのでは・・と思ってしまいますが、思い切って肌を出す事で以外とスッキリと見えるんですよ。二の腕が太いという方も、似合うのがビスチェタイプです。

がっちり肩さんに似合う「ホルタ―ネック」

肩幅が広い。がっちりしているというコンプレックスがある方に、おすすめなのがホルタ―ネックタイプのウェディングドレスです。ホルタ―ネックはデコルテ部分から、首の後ろにストラップが来るデザインになっています。肩がすっきりと見えるので、がっちり肩さんに会うデザインなんですよ。このホルタ―ネックの他にはアメリカンスリーブという、首の根本から襟ぐりの下までを大きくカットした、デザインも肩が広いという方に似合いますよ。

なで肩さんにお勧め「パフスリーブ」

なで肩でウェディングドレスを着ると貧弱に見えてしまう・・・という方は、パススリーブタイプがおすすめです。パフスリーブタイプは肩先や袖口が、ふんわりと膨らんでいるシルエットとなっています。肩周りにボリュームが出るので、なで肩という方もドレスに着られている感なく、着こなせますよ!お姫様のような可愛らしいシルエットなので、プリンセスラインやAラインのウェディングドレスと、パフスリーブは相性が良いですね。

博多の結婚式場は、新幹線停車駅周辺に30か所以上あります。遠方からのゲストが多い場合に利用すると大変便利です。