ご祝儀内で結婚式をする方法について

結婚にはお金が必要であること

冠婚葬祭の中でも特に結婚にはかなりの費用が必要になります。2人で新しい生活を始めるための新居や家財道具の用意、そして引っ越しなどの費用を合計すると30万円から50万円程度のお金を用意する必要があります。さらに結婚式を挙げる予定の場合、追加で200万円から300万円のお金を準備している方が多いです。また新婚旅行で海外に行くとなると50万円程度の予算は見積もっておかないと不安になるので、やはり結婚にはお金がかかるのが現状です。

結婚式を挙げないカップルの増加

このようなことからも結婚をしても結婚式を挙げないカップルも近年は増加しています。少しでも自分達のお金を生活の足しにするため、挙式をしないで写真だけのフォトウエディングも人気が高まっているのです。しかし結婚の記念にどうしても結婚式を行いたい方も少なくありません。そこで結婚式で受け取ることができるご祝儀に注目をするとよいです。ご祝儀の範囲内でも結婚式を挙げることは可能なので、その方法を2つ紹介します。

結婚式で節約する2つのこと

まず1つ目は花嫁衣裳です。花嫁衣裳は1着だけにしてお色直しをしないことです。お色直しをしないことで20万から30万円は節約することができます。2つ目は過度な演出をしないことです。例えば披露宴で生バンドの演奏をしてもらったり、豪華なキャンドルサービスをしたりするカップルもいますが、このような演出を少なくすることで場合によっては30万以上節約することも可能です。ご祝儀内で結婚式をする方法はまだありますが、とりあえずこの2つを意識して費用を安くすることができます。

自分でやることです。宛名や招待状、席次表など作れるものは作ったり、生花などをオススメにするのではなく自分でしっかりと見直すなど少しのことがを結婚式を安く済ませるにはコツです。