自分に合ったドレス選びをして最高の姿を見せよう!

似合うドレスを探すことが大切

結婚式の会場や打ち合わせが順調に進んで行く中で、いよいよ新婦のウェディングドレスを決めるという時に、たくさんある種類の中からどのドレスを探せばよいか分からない人も多いのではないでしょうか。まずウェディングドレスを決めるにあたって大切なのは似合うドレスを探すことが大切です。似合うという事は自分の体型や年齢のことも考えつつ、個人の雰囲気を壊さないドレス選びができているかどうかが大切です。ウェディングドレスにはふわっと広がるAラインドレスや人魚のような美しい形が魅力的なマーメイドライン、お姫様のドレスのようなプリンセスラインや清楚でエレガントな印象を与えるエンパイアライン、そしてキュートな印象に見えるミニ丈ウェディングドレスがこれまでの主流ドレスとして扱われていました。

最近出てきた形も素敵なものが多い

これまで主流だったドレスの形だけではなく、最近ではミモレ丈やスレンダーラインなど新たな形も加わり、より体型に合わせたウェディングドレスが選べる時代になりました。露出を多めにするのか露出を少なめにするかでもウェディングドレスの雰囲気が変わります。露出を少なめにしつつもレース素材で見せるウェディングドレスも最近ではとても人気です。また、襟元がしまっているものや肩まで大きく開いているものなど様々なウェディングドレスが存在します。

どのような系統で見せたいか

ウェディングドレスを選ぶ上で大切な事はどのような系統で見せたいかが大切です。かわいい形にしたいのであればお花やレース、リボンなど忘れたもの、クラシカルな大人っぽい雰囲気にしたいのであればレースやビジューをつけたドレス、ナチュラルな雰囲気にしたいのであれば露出を控えてレースを多く使ったデザインのものを着ると良いでしょう。体のラインが出るものや色の濃いラインストーンがたくさんついている目立つデザインのドレスを着ると大人っぽくセクシーな印象に見せることができるでしょう。

ウェディングドレスは結婚式をするときに花嫁さんが着るドレスです。一般的には白が多いですが、最近は要望によってさまざまな色があります。